スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルアンパバーンのメインスポット巡り3〜洞窟・市街地〜


昨日9月8日は、およつの妹(よついも)と、おくりの父(くりパパ)の誕生日でした。
パンパカパーン!

ふたりとも〜!
スック サン ワンクゥート!


そして、そんな”よついも”、昨日入籍したらしい。





・・・聞いてねーし!笑





姉のおよつ、まさかの寝耳に水…どころか、大洪水レベルの驚き。
まさか2ヶ月も早まってただなんて。


ま、なにはともあれ、お幸せに〜。





ということで、もはや早く終結させたいルアンパバーン編。


ーーーーーー
これまでの話

<1日目>
ラオス1の観光スポット「ルアンパバーン」へ到着

<2日目>
少数民族「モン族」の村を見学  

ランチ

織物工場
チープなお酒の店

・・・いまここ。
ーーーーーー


ルアンパバーンは、さすがラオス1の観光地だけあって、
見るところが沢山あるんす。


しかも今回はツアーを少しアレンジしてもらって、
1日の中に見所をほぼ全て入れこんだから
書けども書けども(ってそんなに書いてないけど)終わらない。。。


次なる目的地は…

◇パックウー洞窟。

IMG_0085.jpg

切り立った崖目指して、ど茶色のメコン川を渡ります。
お父さんのそばをぴたっと離れない、子どもの船頭さん。



うわ〜〜〜。
茶色い水しぶきが、顔にかかるねーー!


チョコレート味ならよかったのになーーー。


後から聞いた話によると、メコン川を渡る船にはランクがあって
運賃が高い船はビニールカバーみたいなのを完備。
水しぶきはかからないらしい。



ま、でもいいんです。
あっという間に到着したから。


IMG_0076.jpg


洞窟の中には、大小様々な仏像!!!!


爪くらいのサイズのものから、それなりに大きなものまで。
洞窟は縦に長くて、結構高いところまで仏像がびっしり。


IMG_0078.jpg

↑ヒョウ柄…。ファンキーな仏様ですこと。
「あんた何しとんねん!はよお供え置いてき!!!」とか言われそう。


IMG_0077.jpg

↑あ…。こっちは、去年他界した、およつの祖父みたいだわ。
こんなところまで旅してたのかー!
元気そうでなにより。かわいい笑顔に、ほっこり。





てなわけで、洞窟終了。

いや、本当はもっと色々書きたいんだけどさ。
もうルアンパバーンを書く事に飽きてきた…
いかんせん、見所がおおいからさ…ぶつぶつ。



本当はこの後、旅の最大の目的地に到着するんですが、
ちょっと長くなるのでそれはまた後日。



そのかわり、すっ飛んで、ルアンパバーン市内の見所をご紹介しまーす。


◇托鉢

IMG_0102.jpg

ヴィエンチャンでは、祝日にしか見られないけれど
ルアンパバーンでは、毎日行われてます。


違う角度からも、もう一枚。

IMG_0103.jpg


こうやって仏教徒たちが僧侶に、ご飯やらなにやらを分け与えるのです。


「最低限の食事で暮らす」「物欲ないですよ」ってことらしい。
(およつは宗教のことはよくわからないので、違ったらごめんなさい)



…知らない人が素手で触ったご飯、食べたいのかな。お坊さん。
…イケメンのお坊さんとかいたら、たくさんもらえるのかな。


とか、余計なお世話なのは百も承知。
邪念だらけな自覚はありつつ、でもやっぱり気になってたんですが
お寺で平等に分けられて、そしてきちんと食べるらしい。



ちなみにルアンパバーンでは、
「そこに座って托鉢してみなよ!このお菓子使って!」
という、半ば強引な商売のオバちゃんも多数いました。

よくわからず、托鉢することになってた観光客…ドンマイ!!!


◇お寺

街を歩けば、寺・寺・寺。

それぞれちょっとずつ特徴があるので、ガイドブック片手に回ると楽しい。

IMG_0111.jpg

↑ワット・シェントーン。
この建物が特徴的らしい。
けど、およつが好きだったのは、別棟の壁。

IMG_0113.jpg

人々の生活が、モザイク画で描かれてました。




IMG_0106.jpg

↑ワット・マイ
ラーマーヤナの物語が、金色の壁画に描かれてます。
ま、ラーマーヤナって何!?と思って、その場でグーグル先生に聞きましたけどね。



◇街並み
IMG_0107.jpg

整然としてて、とてもキレイ。
狭い街なので、市街地は徒歩でまわれます。

IMG_0109.jpg

JICAによる電動トゥクトゥク。
走るルートが決まってるから、自分の好きな目的地に連れてってくれるわけじゃない。

おくりに、「ぜひ乗ってきて!」と言われたけど
ルートに合わず断念。記念にさ、写真を撮ろうとした努力だけ認めておくれ。



◇ルアンパバーン国立博物館

写真NGだったのでありませんが、ここは見所満載。
英語ガイド(有料)を頼むと、地球の歩き方とほぼ一緒の内容を説明してくれます。

と書くと、ガイドいらなそうに思えるけど!

ガイドの話を聞きながら、地球の歩き方を読むと
どの展示物の説明をしているのかがわかりやすかった。

およつナイス!ポジティブ〜!



◇ナイトマーケット・お土産

ナイトマーケットは、店舗数も多いし、品数も多い。
商品は似たり寄ったりだけど、「これ!!!」と思うものがあればその場で購入が吉。

バラマキ土産なんかを複数買う予定なら、まとめて買って値段交渉するのが良いですな。


IMG_0105.jpg

こんなカラフルな、仏頭ペンダントもありまっせ〜。
ってコレ、買う人いるんかーーーーい!


IMG_0108.jpg


あ、ここにも!よつ祖父!かわゆす!

でも後ろに映り込んでるの、千と千尋の頭だけのやつみたいだなーーーー。







と、まぁこんな感じ。


少なくとも、ヴィエンチャンよりは見所満載です。




あーーー。やっと先が見えて来た!

ルアンパバーン…あとしばらくお付き合いくださいませ。

To Be Continued ***



*** 今日のラオス語 ***

スック サン ワンクゥート ▶︎ 誕生日おめでとう!


スック サン ▶︎ おめでとう
ワンクゥート ▶︎ 誕生日

スック サン は、本当はもっと意味を分解できるのかもしれない。。。

けど、ちょっとよくわからない。

スック サン ワンウィワー で、結婚式おめでとう!という意味になる。らしい。

・・・結婚式おめでとうって、変な言葉だな。

***************




↓↓↓ ランキング参加はじめました ↓↓↓


ぜひ、ポチッ!とお願いします***

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


******
おくり(夫)の赴任についてラオスへ来た、アジア旅行大好きおよつ。
バックパッカー気分の抜けない、象使いの資格を持つ駐妻。
日々の生活や観光情報など、ラオスの“びっくり”を書き留めます。

関連記事
スポンサーサイト
Theme: ラオス | Genre: 海外情報

コメント

No title

どうも!よついもです。
いつもブログ楽しく拝見してます。
てか入籍11月とは一言もいってないからね!笑
むしろどこ情報?って感じだから!笑
ルアンパバーン象使い編、更新まってます!

2015/09/09 (Wed) 07:38 | よついも #- | URL | 編集
No title

よついも

あれ、11月って言ってなかったっけ?笑
それにしても、突然の報告…。
若干もって記事書きましたが、実際一瞬驚いただけだから。

うむ。毎日ポチッとしておくれ!

2015/09/10 (Thu) 00:25 | およつ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。