古き良き日本風「チェンカーン」の落とし穴


この間は、7時間半かけてチェンカーンに到着したところまででしたね。
前回掲げた2週間に1回更新の目標を既に達成できていないという現実。頑張ろうおよつ。

***
前回の記事はコチラ↓
サイニャブーリーの国境を越え、いざタイへ!
***


チェンカーンに到着してみたら、あれまぁ人がいっぱい!賑やか!

IMG_0491.jpg




通常の店舗の前に出店がたくさん!
雑貨、服、ご飯!目移りしちゃう。

IMG_0492.jpg


IMG_0493.jpg


IMG_0494.jpg


IMG_0495.jpg


およつはこのワンピースが可愛いと思ったんだけど
おくりから冷静に「それ、着るか?」というツッコミをうけ断念しました。


およつは旅先でいろいろ買いたくなってしまうタチなのですが
1番しょーもなかった買い物はハンモック@メキシコですね。


店先にたくさん吊るされてて、座ったら最後。
どうしても欲しくなって、よつ妹の制止と冷たい目線を振り切り、大荷物で持ち帰ったのですが
日本の一人暮らしの部屋でハンモックが吊るせるはずもなく…
ラオスへ来る前の引っ越しで、泣く泣く処分しました。一度も使わなかった…


将来の夢は、ハンモックを吊るせる部屋に住むことです。




***


さて、チェンカーンに話を戻しましょう。


とりあえず宿探しをしなければ!ということで
グーグルマップ上でチェックしていた、いくつかの宿を訪ねると既に満室。


事前にホテル予約サイトで見た時は、
40kmくらい離れた遠くのゲストハウスしか表示されなかったのですが
歩いてみたらホテルだらけ。まぁ大丈夫っしょ!


しらみつぶしに聞いてみます。


IMG_0496.jpg

IMG_0498.jpg

IMG_0499.jpg

IMG_0500.jpg

IMG_0501.jpg








・・・





この地域のありとあらゆる宿がテム!!!!!



OMG!




いや、厳密には1室はあったのです。


・2人で600バーツ(2000円くらい)
・トイレとシャワーは共同
・詳細は覚えてないけど、清潔とは程遠い雰囲気
・蚊帳はあるけどその蚊帳にほこりついてそうで触れたくない
・およつの大嫌いな色あせた柄物のベッドマット&シーツ


要するに、およつここじゃ寝たくない!
見てるだけでかゆくなりそうで、寝られない!
こんなところに2000円も払いたくない!





ということで、結果を申し上げますと、
車の中で寝ました!車中泊です。



ホテル予約サイトで表示されなかったのは
田舎街だから対応していなかったわけじゃなく、満室だったからなのか…。


ナメてましたチェンカーン。
さすが、日本での知名度は低いけれどタイの人々には人気の観光地。





しかも…じつはおよつの誕生日は1月2日。

記念すべき三十路の幕開けをなんと車中泊で迎えるという…




水曜どうでしょうかよっ!!!




とは言え、不潔な宿で寝るよりよっぽど快適。


あまりよく寝られなかったおくりが、どーせ起きてるし…ってことで
12時のタイミングで「誕生日おめでとう」と言おうかとしたらしいんですが
およつは半目で爆睡につき、やめたそうな。。


小さな頃から、目を開けて寝てるらしいんですよね〜。


高校時代、授業中に寝てたときも
友達から「目が開いてるから起きてるのかと思った」と言われるくらい
結構開いてるらしい。


不潔じゃなければ、どこでも寝られるんす。
まぁ、不潔も慣れなんだけどね。
最近不潔慣れしてないもんで、ちょっと無理だわ。




***


翌朝は、近くの山へ雲海へ。

麓と山頂の間は、ピックアップトラックで送迎してくれます。

IMG_0502.jpg



これ雲海っていうのか?という疑問は残りましたが、
まぁとりあえず私の三十路の幕開けです。

IMG_0503.jpg





チェンカーンの中心部にもどって腹ごしらえ。
イサーン(タイ東北部とかラオスとか)の地域で良く食べられるカオ・ピヤック。
うどんみたいな食べ物です。日本人の口に合うよ!

IMG_0504.jpg


ラオスでも日常的に食べるんだけど、味がちょっと違う!
ラオスでは卵は入れないし、砂糖も自分の好みに合わせて入れるんですが
こちらはデフォルトで砂糖入り。甘め。

およつは普段は砂糖は入れない派なのですが、これはこれでおいしかった。



向こう岸はもうラオス。

IMG_0505.jpg

川一本挟んだだけで、味が微妙に異なるのは面白いですね。



チェンカーンのウリは、昔風の家屋が連なった街並み。
なんだか、昔の日本ぽさもありますね。

<昼>
IMG_0507.jpg

<夜>
IMG_0506.jpg


夜の賑わった明るさも、お祭りっぽくて楽しいけれど
昼の整然とした雰囲気は歩いていて気持ちいい!


フォトジェニックなポイントもたくさん。
IMG_0508.jpg



あ・・・今気付いたけど
この写真のメンズ、ペアルック着てますね。

IMG_0509.jpg


この気付きに関してはこれ以上触れませんが、
他にもペアルック着てるカップルや家族連れを数組見かけましたよ。


ペアルック着たいけど日本じゃ抵抗ある〜なんて方は
ぜひチェンカーンでどうぞ。



そういえば、今週末の世界ふしぎ発見!はラオス特集らしいですよ〜。

どんな内容なんでしょうね。およつも楽しみ。見られないけど。



To Be Continued ***


*** 今日のラオス語 ***

テム
▶︎ いっぱい

タイ語もラオス語も同じらしい。
宿に関してだけじゃなくて、FULLという意味全般に使えます。

小さな街の宿屋全てが、この看板を出していた日には野宿を覚悟しましょう。
それが嫌なら、早めに計画を立てることをオススメします。


***************

↓↓↓ ランキング参加中です ↓↓↓

ぜひ、ポチッ!とお願いします***
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


******
おくり(夫)の赴任についてラオスへ来た、アジア旅行大好きおよつ。
バックパッカー気分の抜けない、象使いの資格を持つ駐妻。
日々の生活や観光情報など、ラオスの“びっくり”を書き留めます。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: ラオス | Genre: 海外情報

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/04 (Sat) 21:53 | # | | 編集
Re: こんばんは!

コメント&いつも読んでくださってありがとうございます。
あゆみさんの前任の方との会話で、
「あれもしかして同じかも…」という感じなので、まだ確定ではないのですが。。

フランスパンのサンドイッチ、とってもおいしいところがありますよ!

2017/02/08 (Wed) 17:27 | おくりとおよつ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/09 (Thu) 17:12 | # | | 編集
Re: 参考にさせていただきます

>2月9日にご連絡いただいた方へ

はじめまして。コメントありがとうございます。
【ラオスの暮らしを知る!】ラオス在住の日本人ブログ3選!て何だ?と思いながら検索したら…
こんなサイトにまとめていただいていたのですね。全く知りませんでした。
教えていただき、感謝です!!

さて、ご相談いただいた内容なのですが
非公開でコメントいただいているので、コメント欄でオープンにお話してよいものかわからず。。
(個人情報を出す訳ではないので問題ないかとは思いますが、私自身は非公開ではコメントできないのです)

オープンに返信してOKであれば、その旨改めてご連絡いただけますか?
ラオスは情報があまりないので、旅行計画を立てにくいですよね。

2017/02/09 (Thu) 19:46 | おくりとおよつ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/09 (Thu) 23:37 | # | | 編集
Re: 参考にさせていただきます

たにぐちさん

ビエンチャン2泊ということで、1泊目は夜到着してすぐホテルかな?と想定すると…
2日目がビエンチャン観光のメインでしょうか。
正直なところ、ビエンチャンに観光地はそれほど無いので
ガイドマップに載っているメジャー所をまわるのが良いと思います。
(タートルアン・パトゥーサイ・ワットシーサケットなど)

そしてビエンチャンは狭いので自力でトゥクトゥクを使ってまわれると思いますが
他の国の旅行等でそういった経験がないのであれば、ツアーの方が確実で気楽ではありますよね。

ルアンパバーンに関しては、1日はツアー申し込みをオススメします。
というのも、こちらは見所が分散しているので
バス(もしくは船)で連れて行ってもらわないと自力ではなかなかいけません。
私も人がくる度にツアーに申し込みますが、日本語があったかはわかりません。ごめんなさい!

日本語以外全くできないとなると、英語さえ通じるか微妙なラオスの人々相手に
コミュニケーションは取りにくくなってしまうので、ゆびさし会話帳のご持参をオススメします。

それからスパ・マッサージは何軒かありますよ!
どこを観光するか、どのホテルに泊まるかによって行ける場所が変わってくるのですが
ビエンチャン市内中心部なら、見た目がキレイそうなお店に入る事をおすすめします。
(その際も、メニューは英語表記です)

2017/02/14 (Tue) 11:04 | おくりとおよつ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する