4000の島 シーパンドーン2

今日のラオスは、日本でいうお盆。
死んだ先祖の魂が降りてくると考えられてる日だそうな。

てことで、ご先祖様のために手作りの「カオトム」を用意して
今朝は大規模托鉢だったらしい。

IMG_2037.jpg

カオトムは、こんな感じでバナナの葉っぱにまいてあります。

およつが今日お裾分けしてもらったのは、下の写真のもの。
甘くて「くるみゆべし」って感じだったんだけど
お米が入ってる、ちまきみたいなのもあるよ。

image1.jpg

…と、最初は甘いのだけいただいたんですが、
これをくれたおばちゃんに「おいしかったよ!」と言ったら
甘いのもしょっぱいのも、大量に更に差し入れてくれたわ。

ありがたいけど、そんなに食べきれるかな…。


ちなみに現在は、カオパンサーというお坊さんの修業期間
(一般の人は節制期間。節制する・しないは本人次第)なんだけど
この期間に3回の大規模托鉢があるんだってー。

今月は、亡くなった先祖が降りてくる
来月は、亡くなってる人全員が降りてくる(親戚じゃなくても祀る)
再来月は、知らず知らずのうちに殺してしまった動物達を祀る

らしい。
再来月のは、日本では聞いたことないわね。

ラオスでは、宗教的に食べちゃNGなものは無いから
日々食べてる肉とか魚とかに「ごめんなさい」っていうらしい。

日本の「いただきます」精神的な?いや、違うかも。


***


さて、前回のお話はコチラ↓
4000の島 シーパンドーン1



メコン川の流れに合わせて揺れるホテルに泊まった翌日は
いよいよ探検スタート!


基本的にトゥクトゥクとか走ってないので
チャリやバイクなど、何かしらの移動手段を借りて自分たちで周ることになります。
「トゥクトゥクがないならタクシーを呼べばいいわ!」なんて
マリーアントワネットみたいなこと考えてる人は、この島で一歩も出歩けなくなります。


私たちが泊まったコーン島からは、隣のデッド島まで橋がかかってるよ。

IMG_0591.jpg

この橋、今はただの橋だけど
昔は鉄道が走ってたんだってー。ラオス発の鉄道は、ラオス最南端にあったらしいよ。


どこへ行ってものどか〜〜〜。

IMG_1973.jpg

IMG_1970_convert_20170815181451.jpg


シーパンドンは、高床式の住居がメジャー。
IMG_0595.jpg

ラオスの人のお宅で気になるのが洗濯もの。
紐に干すのは仕方ないとして、もっと重ならないよう干したら効率よく乾きやすいだろうに。。
暑くても湿気もすごいし、乾きやすい干し方をした方が良さそうなのに。
・・・気になる。


とりあえず、あちこち水牛だらけ!
IMG_0593.jpg


渓流も、雨季というだけあって水量すごし!迫力ある〜〜〜。

IMG_0608.jpg

三匹のやぎのガラガラドンみたい。
茶色くごうごうと流れる川が、トロールに思えてくるわ。

IMG_1974_convert_20170815182301.jpg


子ども達の通学路も、THE・南国。

IMG_0605.jpg


木陰でおしゃべりとかさ。なんかいいよね。

IMG_0606.jpg



こちらはシーパンドーンに数多ある滝の中で、一番大きくて迫力があると言われてるコーンパペンの滝。
んー。およつの写真ではあんまり伝わらないっすね。

IMG_0594.jpg

雨季と乾期で水量がだいぶ違うようなので、滝を目当てに行くなら雨季がいいかも。



こちらは、先ほどの橋を走ってた蒸気機関車。
バーンハーンコーン船着き場ってところに飾ってあります。

IMG_0604.jpg

で、同じ船着き場から目指すは…川イルカ!

シーパンドーン周辺のメコン川には、川イルカとよばれる淡水に住むイルカイルカらね!
といっても正直目視だと、…一応存在がわかるって程度。
この写真みたいに、顔とかまではハッキリ見えません。

IMG_0596.jpg

上陸するのは、一応カンボジアの敷地なんだけど
別にパスポート提示は必要なし!
わずかばかりの入国料が取られた気がするけど、忘れたー。


***


ちなみに、ほとんどの道は舗装されてないので
探検終わりには足下は泥でドロドロになります。
雨季に行くなら、スニーカーよりもすぐ洗えるサンダルを推奨します!

それから、フォン トックなときは、ホテルでゴミ袋をもらって
即席の雨合羽を作ると良いでしょう。
いや、雨合羽を持参してるのが一番いいんだけどね。。

これ、結構あなどれませんぜ〜。
オシャレな国では恥ずかしいけど、ラオスなら大丈夫!!
恥じらいなんて捨てちまえ〜!

IMG_1977.jpg

急な雨に降られたら、マネしてもいいですよー。

To Be Continued ***


*** 今日のラオス語 ***

フォン トック
▶︎ 雨が降る

フォン 雨
トック 落ちる

日本でよく言われる【会話に困ったらとりあえず天気の話をすべし】に当てはめるなら
「フォン トック ノ(雨降ってるね〜)」と言います。
でもラオスでは、会話に困らなくても、挨拶の一環で天気の話をしてる気がする。

暑いね 85%
雨だね 12%
寒いね 3% (およつ感覚調べ)

という、とりあえず暑いんだけども。

ちなみに「暑いね」は「ホーン ノ」と言えばOKです。

***************

↓↓↓ ランキング参加中です ↓↓↓

ぜひ、ポチッ!とお願いします***
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


******
おくり(夫)の赴任についてラオスへ来た、アジア旅行大好きおよつ。
バックパッカー気分の抜けない、象使いの資格を持つ駐妻。
日々の生活や観光情報など、ラオスの“びっくり”を書き留めます。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: ラオス | Genre: 海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する